Pocket

複数の貸金業者から借金を行って多重債務に陥ってしまった場合、自力でどうしても返済が難しければ、債務整理をすることによって借金の減額や金額の見直しを行うことが可能になります。債務整理には大きく分けて4つの種類があり、弁護士などの専門家によって手続きが行われます。

債務整理の中で最もポピュラーなものが「任意整理」です。任意整理では裁判所を通さずに貸主と借主が直接交渉を行い、借金を減額したり、借金を長期分割にして月々の支払を生活に無理のない範囲にまで引き下げるように要求することができます。また、利息制限法の上限を超えた利息を支払っていた場合、払いすぎたお金を返還することができる「過払い金請求」も任意整理の中の1つにあたります。

マイホームなどの大きな財産を手放したくない場合や、安定して継続的な収入が見込める人の場合、借金が5000万円以下なら「個人民事再生」で借金を減額してもらうことができます。借金は原則3年で支払う必要があります。

借金の支払い能力が無い場合、財産を全て手放す必要がありますが「自己破産」という方法で借金を免除してもらえます。その他に、あまり行われることはありませんが「特定調停」と呼ばれる方法もあり、弁護士は依頼者の借金の金額や返済能力などによって最も適した方法を選択してくれます。