弁護士を頼むメリット

債務整理を行おうと思っても、利息計算や貸金業者との交渉など、法律やお金についての専門的な知識がないととてもじゃないですが自分だけで解決することは困難です。債務整理に強い弁護士であれば、数ある債務整理の方法の中から最も適したものを選び、借金をした人に代わって煩雑な手続きも行ってくれます。こうした点が弁護士を頼んで債務整理をする最大のメリットと言えるでしょう。

また、業者からの督促がストップするという点も弁護士を依頼するメリットの1つです。電話や手紙などで借金の取立てに脅える毎日を過ごすのは精神的にかなり苦しいものがあり、それが無くなるだけでも随分と楽になります。

借金は放っておいても減っていくことはありません。そのため、自力で返していくことが難しいと感じたら、早めに専門家の意見を聞いて動くことも必要になってきます。もし弁護士を頼もうか悩んでいるという人がいれば、借金返済の相談が無料で出来る法律事務所も多いので、相談しに行ってみてはいかがでしょうか。無料なので相談の時点では費用が発生することはありません。その際に実際にかかる弁護士費用や支払の件など、疑問に思ったことはどんどん質問してみましょう。苦しかった借金問題が解決に向かう可能性が見えてくるかもしれません。

債務整理の種類

複数の貸金業者から借金を行って多重債務に陥ってしまった場合、自力でどうしても返済が難しければ、債務整理をすることによって借金の減額や金額の見直しを行うことが可能になります。債務整理には大きく分けて4つの種類があり、弁護士などの専門家によって手続きが行われます。

債務整理の中で最もポピュラーなものが「任意整理」です。任意整理では裁判所を通さずに貸主と借主が直接交渉を行い、借金を減額したり、借金を長期分割にして月々の支払を生活に無理のない範囲にまで引き下げるように要求することができます。また、利息制限法の上限を超えた利息を支払っていた場合、払いすぎたお金を返還することができる「過払い金請求」も任意整理の中の1つにあたります。

マイホームなどの大きな財産を手放したくない場合や、安定して継続的な収入が見込める人の場合、借金が5000万円以下なら「個人民事再生」で借金を減額してもらうことができます。借金は原則3年で支払う必要があります。

借金の支払い能力が無い場合、財産を全て手放す必要がありますが「自己破産」という方法で借金を免除してもらえます。その他に、あまり行われることはありませんが「特定調停」と呼ばれる方法もあり、弁護士は依頼者の借金の金額や返済能力などによって最も適した方法を選択してくれます。

借金の返済方法

生活費や子供の教育費など、様々な理由によってお金を借りてきたけれども返すことができなくなってしまったら、放置しておくと催促の電話や手紙が来るだけでなく、精神的に追い詰められてしまうこともあります。借金は地道に返済していくことが一番ですが、借金の返済のために新たな借金を繰り返すなどして金額が膨れ上がってしまった場合、どうしても困ってしまったら専門家を頼るようにしましょう。法律のプロである弁護士に相談すると、借金の減額や支払いを待ってもらうことができます。こうした手続きを「債務整理」と呼びます。

債務整理では、弁護士が代理となって借金を整理してくれます。また、弁護士によって受任通知が貸金業者へ送付されると、貸金業者は借金をした人に直接取り立てができなくなってしまうため、督促の電話や手紙に悩まされる日々から開放されます。これだけでも精神的な負担は随分と軽くなるでしょう。

弁護士は依頼者の借金の状態や希望などをヒアリングして、最も適した債務整理の方法を提案してくれます。弁護士を選ぶ際には債務整理や借金問題の解決に強い弁護士を選ぶことが重要です。インターネットからも検索することができ、無料相談を実施している法律事務所もあるので積極的に利用していくと良いでしょう。

当サイトでは、借金を返済する際の債務整理について、弁護士に相談する方法やメリットなどについて紹介しています。借金の返済で悩んでいる人は、この機会に弁護士への相談を検討してみてはいかがでしょうか。